コンテンツへスキップ

日本人のお腹は、たまに便秘になっています。腸内環境が正常でなければ、お通じの状態が悪くなる事も意外と多いです。

お通じの状態を正常に戻すための手段は、色々とあります。例えば便秘に対して効果が期待できる薬剤などは、よく検討されているのです。最近では多くの薬店でも、お通じ改善の効果を発揮してくれる薬剤を販売しています。それを服用してみる手段も、一応あるのです。

しかし経口摂取する薬剤や腸内環境サプリを検討する際には、配合物に関する注意点があります。というのも口から摂取する物は、それなりにリスクもあるからです。

万が一薬剤の中に有害な物が含まれていると、かえって逆効果になってしまう場合があります。よく薬の副作用に関して言及されていますが、実際そのような問題点はたまに発生しているのです。

お腹の環境を良くする筈だったのに、かえって悪化してしまうのは大変悲しい話です。それを防ぐ為にも、便秘を解消する為の薬の配合物は、よく確認しておく必要があります。

 

安全性と効能の分かりやすさに特徴がある機能性表示食品

日本では、既に様々な食品が販売されています。CMなどで、ポリフェノールなどに関して強調されている製品も多いです。時にはメッセージなどでそれが宣伝されている事もあります。

ところで様々な食品を検討した結果、機能性表示食品が選ばれる事もよくあるのです。それは安全性などが、科学的に証明されているからです。

少なくともそのタイプの食品は、厳しい審査を受けなければなりません。それで安全性が確認されれば、表示食品として販売できる訳です。ですから食品に対して安全性を求めているなら、そのタイプの製品で検討してみると良いでしょう。

また表示食品には、効能の分かりやすさに関するメリットがあります。そもそも市販の食材は、今一つ効能が分かりづらい事もあるのです。それだけに、購入して良いかどうか迷ってしまう事もあります。

しかし表示食品でしたら、効能なども分かりやすいのです。ですから健康に関心がある方々は、表示食品の購入している傾向があります。

 

葉酸を効率よく摂取するにはサプリが必須

妊娠を考えている女性なら、赤ちゃんの健康を考えた暮らしを今から送りたいものですね。まず大切なのが栄養バランス。特に妊娠すると多くのビタミンが必要になりますがその中でも大切なのが葉酸。これは赤ちゃんの神経管閉鎖障害のリスク低減のために必須のビタミンになっています。

この神経管閉鎖障害は、葉酸さえきちんと摂取していればかなりの確率で防ぐことができる疾病といわれています。そして妊娠ごく初期に絶え間なく摂取することが肝心だともいわれています。

葉酸というだけあって多く含まれている食品はブロッコリーや春菊、ほうれん草なのですので、食事に注意すればおおよそ一日に必要な量はとることも可能なようです。

ただ、気をつけてほしいのがこれら植物に含まれている葉酸は水溶性であるため調理により流れ出てしまって結局体内に摂取できる量は食品に含まれている量の半分にも満たないという調査結果があります。

そこでやはり効率的に葉酸を摂取するためにはサプリメントを使うのが得策と言えます。現に欧米では妊娠を考えている女性~妊娠初期の女性には葉酸のサプリメントを積極的にとることを推奨しているそうです。

生まれてくる赤ちゃんのためにママが一番始めにしてあげられること、それは葉酸をきちんと摂取することなのかもしれません。

それに葉酸は健やかなお肌やお通じにも効果的。女性なら妊娠を意識していないときからデイリーサプリの一つに加えておくことをオススメします。